BLOG ブログ

伝統医療 アーユルヴェーダ

5000年前に8人の聖者達たちがヒマラヤのふもとに集まり作ったと言われる

アーユルヴェーダは

伝統医療です。

サンスクリット語で

生命科学、生命の知慧という意味です。

紀元前1300年頃に聖典として口承により伝えられたそうです。

その時代から、白内障や鼻の整形手術、アンチエイジングがあったとのことで、アーユルヴェーダは先端医療であったことは確かです。

アーユルヴェーダの名医『ジーヴァカ』はブッタの痛風を治療し、痔ろうを治す方法ではハーブを使い、現代の肛門外科でも取り入られているそうです。

アーユルヴェーダは、カラダにトラブルがあった時、その箇所だけを細かく見つめるのではなく、カラダ全体、その人の取り巻く環境を見つめます。

そして、植物ひとつひとつの持つエネルギーや性質と調和してデトックスします。

・旬のものを食べる

・その季節に合ったものを

食べる

・地産地消のものを食べる

・早起き→舌みがき→白湯

その人に合った病気にならない為の教えがたくさんあります。

アーユルヴェーダの哲学、行動学、心のあり方を知り健康なカラダと

あなたらしい人生を探求していきましょう🍀

[addtoany]